日本初、「つばき茶うどん」新発売

九州は長崎県五島列島の自然に育まれ、有機栽培で作った藪椿の葉を発酵させた「つばき茶」を粉末にし、厳選した小麦粉に練りこんだ、日本で初めての「つばき茶うどん」です。
椿茶のかすかな香りと、つるんとしたのど越しが特徴です。
中本製麺の自慢の饂飩がまた増えました。ぜひお試しください。

「つばき茶」は、紅茶のような風味で、五島列島の自然の恵みを受けた椿の葉と緑茶の混合発酵茶です。
長崎県農林技術開発センター、長崎県立大学および長崎大学が共同で五島列島五島市の特産品として開発したものです。
生活習慣病を予防する機能も、糖尿病予防効果、体脂肪低下作用、中性脂肪低下作用が認められ、食品や健康補助食品原料としての用途が期待されています。

つばき茶うどん 200g×10袋 箱 のご注文は こちら